万引きを未然に防ぐ?最新技術AI防犯カメラによるメリットとは

日本の万引き年間被害額は、約4600億円です。「わが社も、万引き被害が減らない。何か最新の防犯カメラは?」このようなお悩みをお持ちの方は、必見です。

この記事では、AI搭載防犯カメラは、ご紹介します。人件費をかけられない経営者の方は、要チェックです。メリット・デメリットをチェックして、犯罪を未然に防ぎましょう。最新技術により、不審者を未然に犯罪から守ることが可能です。

AI防犯カメラの種類

AI搭載防犯カメラは、2種類です。

1:エッジ型のメリット

エッジ型とは、IOT機械がデータを蓄積し、端末が学習することです。リアルタイムの情報を処理することが可能。タイムラグが、発生しないのがメリットです。

2:クラウド型のメリット

インターネット経由で、膨大なデータを送受信できます。メリットは、24時間監視体制が取れるので、深夜の営業時間帯などに活躍。 デメリットは、膨大なデータにより遅延する可能性があります。

従来の防犯カメラとAI防犯カメラを比較

従来のカメラに出来なかったけど、AI防犯カメラで出来ることを3つご紹介します。

1:人の顔認証や行動、動き

コロナ影響により、外出時にはマスク付きが一般となりました。従来の防犯カメラでは、分からなかったマスク付きでも顔認証による人の識別が可能です。

2:過去のデータと照合して、行動パターンを予測

人が多く混雑している店内でも、過去のデータと照合し行動パターンを予測することができます。不審な行動や犯罪行動が見られたら、登録している携帯に通知がいくため防犯強化にとても役立ちます。

文字認識

たとえば、夜間の高速道路で雨が降っていました。従来の防犯カメラでは、読み取りにくかった車体ナンバーも読み取ることができデータとして保管できます。

5GによるAI防犯カメラで未来はどう変化?

普段身近な生活でAIやIOTで、期待できることは次の通りです。従来の防犯カメラと比較して、導入効果を考えてみましょう。

1:過去のデータから予測

従来の防犯カメラでは、証拠となる映像しか残りませんでした。しかし、最新のAI搭載防犯カメラにより、未来予測行動分析が期待できます。

2:故障や不具合の検知

AIとIOTセンサーが、データ学習をさせ、通常と異なる条件等は異常アラートを発令。人による目視や点検がなくとも、知らせてくれる便利機能。 AI搭載防犯カメラをご検討の方は、アイムサポートまでお問い合わせください。ご連絡をお待ちしております。

まとめ

いかがでしたでしょうか。わが社には、すでに防犯カメラがあるから関係ないと思っていたあなた。今までの防犯カメラは、過去の映像が証拠として提示されるだけでした。しかし、導入コスト以上に、メリットが大きいのがあきらかです。

AIとIOTの機器が連動することにより遠隔地から操作可能。どんなに田舎や人手不足な経営でも、AI防犯カメラがあると安心。人の未来を予測でき、明るい笑顔を記録しましょう。



◆ ご相談はこちらから

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号・携帯番号

    お問い合わせ内容

    Windows10へのアップグレードGmail設定希望インターネット関連その他

    メッセージ本文

    >会社のサポートの考え方

    会社のサポートの考え方

    インターネットの基礎知識からパソコンの内容までを技術の向上と人間性の向上を常に目指していき、スタッフの育成と情報の集積を行ってます。
    お客様がいかに困っている時に対応できるか、又時間的、金銭面でもお客様にメリットがあるようにするのがモットーです。

    CTR IMG