【2023年版】ビデオ会議システムの目的別とおすすめツールをご紹介

  • 2023年3月10日
  • 2023年4月21日
  • ブログ
  • 7回
  • 0件
猫会議

「今まで対面で、仕事をしていたけどオンラインでビデオ会議を使用されることになった。使用するツールを何を使えばいいのかわからない。どのビデオ会議システムを利用したらいいのかわからない」

とお悩みの方は必見です。

この記事では、ビデオ会議のシステムをご紹介します。オンラインで仕事が完了することにより、時間短縮や出張の負担が軽減されとても便利。

WEBカメラやビデオ会議システムの導入をお探しの方は、当社アイムサポートまでご連絡お願いします。

では、さっそくチェックしてみましょう。

 

ビデオ会議のシステムとは

インターネットを使用をし、遠隔地で、距離が離れていても会話ができます。PCやスマホの機材が揃っていればシーンを問わずして、会議が可能。

ビデオ会議システムは、「クラウド型」と「オンプレミス型」の2種類があります。それぞれ解説していきましょう。

「クラウド型」は、ベンダーのサーバーで運用するアプリケーションをインターネット経由すること。

「オンプレミス型」は、自社で構築したサーバーにアクセスして運用すること。次は、WEBビデオ会議システムの目的をご紹介します。

オンライン会議

WEBビデオ会議システムの目的

1 コストと時間削減

ビデオ会議システムの人数は、2人の少人数制会議から大人数の参加まで可能。会議の参加人数を問わないため、嬉しいですね。対面は、参加人数により、スケジュールと場所を指定するのが困難でした。しかし、オンラインビデオ会議システムを利用することで、時間を指定するだけで全国各地から同時に会議ができ時間短縮につながります。

 

そして、会議中でも、画面端にチャット機能があるため文章で相手に伝える機能があります。

2 情報共有の意識

対面は、資料を人数分コピーして揃える準備があります。しかし、ビデオ会議システムの資料は、画面共有することができるため、資源削減につながる効果が期待。これからは、在宅勤務でオンラインビデオ会議が日常となるでしょう。

3 WEBセミナー

新人研修などにとても効果的。主催者側は、開場に来られなくとも主催できます。受ける側も、開場までの移動距離がなく有意義な時間を送れます。

ビデオ会議システムのおすすめツール3選

使いやすいツールは、3種類あります。

  • Zoom
  • Skype
  • GoogleMeet

どのツールも2人から大人数対応が可能。カメラにマイクが、内臓されているので改めて用意する必要はありません。

ビデオ会議システムを利用する時の注意点

セキュリティが、万全かチェックする。セキュリティの性能が、低いと情報漏えいになりかねません。会議が、始まる前にセキュリティ対策チェックなど欠かさずにしましょう。

会議成立

まとめ

いかがでしたでしょうか。ビデオカメラ会議システムは、ツールの種類は3種類あります。オンラインで、ビジネスが効率化アップが期待。オフィスで、自宅で、カフェで場所を選ばずにできるのは嬉しいですね。時間短縮と費用削減でき、プロジェクト進捗管理がスムーズとなります。

web カメラやビデオ会議システムの導入をご検討の方は、当社アイムサポートまでご連絡お願いします。少しでも不安やお悩みの方は、ご相談もお受けします。

>会社のサポートの考え方

会社のサポートの考え方

インターネットの基礎知識からパソコンの内容までを技術の向上と人間性の向上を常に目指していき、スタッフの育成と情報の集積を行ってます。
お客様がいかに困っている時に対応できるか、又時間的、金銭面でもお客様にメリットがあるようにするのがモットーです。

CTR IMG